FC2ブログ

Home

RizardHead as Diary

Gallery Sabrum open schedule

wani.jpg

Gallery Sabrum スケジュールをお知らせいたします。

8 AUGUST

8/15 11:00~OPEN (Sabrum)
8/16 11:00~OPEN (Sabrum)
8/17 CLOSED
8/18 CLOSED
8/19 CLOSED
8/20 CLOSED
8/21 11:00~OPEN (Sabrum)
8/22 CLOSED
8/23 11:00~OPEN (Sabrum)
8/24 11:00~OPEN (Sabrum)
8/25 11:00~OPEN (Sabrum)
8/26 11:00~OPEN (Sabrum)
8/27 11:00~OPEN (Sabrum)
8/28 11:00~OPEN (Sabrum)
8/29 CLOSED
8/30 11:00~OPEN (Sabrum)
8/31 11:00~OPEN (Sabrum)

RizardHead Sabrumでは、現在少人数で業務を行っております。

通常はバックヤードのアトリエにて作品を制作しておりますが、
SabrumもOPENしておりますのでお気軽にお越しください。

ご来店の際はシバタが全てのオーダーからカスタムまで承ります。
カスタマーのご希望を最高な素材とクオリティーの高い技術力でお応え致しまので
是非ご相談くださいませ。

皆様のご来店を心からお待ちしております。 

RizardHead Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
e-mail :rhinfo@rizardhead.com

Gallery Sabrum New stock Item!!

  • 2018-07-31 (Tue)
  • All
Gallery Sabrum New stock Item!!
Short Butterfly wallet/Diamond python

Short Butterfly7311

ダイヤモンドパイソンの二つ折り財布をサブラムのストック分で制作いたしましたので、ご紹介いたします。

マテリアルは、アトリエにて一から手作業でレッド&ブラックの染色を施したダイヤモンドパイソン《バックカット部》と、
ブラウンのダイヤモンドパイソン《フロントカット部》の2種を制作いたしました。
インナーはモンタナ社製のイタリアンレザーを使用しております。
収納箇所は、札入れ×2、コインケースポケット、カードケース×4、カードケース裏とコインケース裏にマチなしポケットが各1、内蔵されております。
ウォレットの仕上げは、パイソンをより一層引き立てるレースアップにて仕上げております。オーストラリア産のカンガルーレースにて手作業で編み上げました。カンガルーレザーはしなりがよく強度性に長け、耐久性にも優れておりますので毎日のヘビーユースにも耐えてくれる頼もしい素材です。

今回制作しましたバタフライウォレットは、RizardHeadでも人気の高いモデルです。
サイズもコンパクトでありながら、収納も十分な使い勝手抜群のお財布に仕上がりました。
フルレザーならではの長年の使用に耐える素材と製法を用いてお造りしておりますので、経年変化もお楽しみいただけます。

只今、ギャラリーに並んでおりますので、是非脚をお運びください。
お待ちしております。

Short Butterfly7312

Short Butterfly7313

[SPEC]
収納部:札入れ2 コインケースポケット1 カードケース4 マチなしポケット2
Main Material:Diamond Python
Liner Material:Itarian Leather イタリアモンタナ社使用
サイズ:H1180×W90mm
Price:¥55,000 tax out

Gallery Sabrum open schedule

vatican.jpg

Gallery Sabrum スケジュールをお知らせいたします。

8 AUGUST

8/1 CLOSED
8/2 11:00~OPEN (Sabrum)※17時CLOSED
8/3 11:00~OPEN (Sabrum)
8/4 CLOSED
8/5 14:00~OPEN (Sabrum)
8/6 11:00~OPEN (Sabrum)
8/7 11:00~OPEN (Sabrum)
8/8 CLOSED
8/9 11:00~OPEN (Sabrum)
8/10 11:00~OPEN (Sabrum)
8/11 13:00~OPEN (Sabrum)
8/12 13:00~OPEN (Sabrum)
8/13 11:00~OPEN (Sabrum)
8/14 11:00~OPEN (Sabrum)※16時CLOSED
8/15 11:00~OPEN (Sabrum)
8/16 11:00~OPEN (Sabrum)
8/17 アトリエにて制作15時CLOSED
8/18 CLOSED
8/19 CLOSED
8/20 CLOSED

RizardHead Sabrumでは、現在少人数で業務を行っております。

通常はバックヤードのアトリエにて作品を制作しておりますが、
SabrumもOPENしておりますのでお気軽にお越しください。

ご来店の際はシバタが全てのオーダーからカスタムまで承ります。
カスタマーのご希望を最高な素材とクオリティーの高い技術力でお応え致しまので
是非ご相談くださいませ。

皆様のご来店を心からお待ちしております。 

RizardHead Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
e-mail :rhinfo@rizardhead.com

Gallery Sabrum open schedule 《JULY》

smn.jpg

Gallery Sabrum スケジュールをお知らせいたします。

7 JULY

7/17 11:00~OPEN (Sabrum)
7/18 CLOSED
7/19 11:00~OPEN (Sabrum)
7/20 11:00~OPEN (Sabrum)
7/21 CLOSED
7/22 14:00~OPEN (Sabrum)
7/23 11:00~OPEN (Sabrum)
7/24 11:00~OPEN (Sabrum)
7/25 アトリエにて制作(Sabrum→CLOSED)
7/26 11:00~OPEN (Sabrum)
7/27 アトリエにて制作(Sabrum→CLOSED)
7/28 CLOSED
7/29 15:00~OPEN (Sabrum)
7/30 11:00~OPEN (Sabrum)
7/31 11:00~OPEN (Sabrum)

RizardHead Sabrumでは、現在少人数で業務を行っております。

通常はバックヤードのアトリエにて作品を制作しておりますが、
SabrumもOPENしておりますのでお気軽にお越しください。

ご来店の際はシバタが全てのオーダーからカスタムまで承ります。
カスタマーのご希望を最高な素材とクオリティーの高い技術力でお応え致しまので
是非ご相談くださいませ。

皆様のご来店を心からお待ちしております。 

RizardHead Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
e-mail :rhinfo@rizardhead.com

Small Rich Coin Case1

  • 2018-07-10 (Tue)
  • Item
Small Rich Coin Case1

coin01.jpg

コインケースのご紹介です。
フラップからフロントに掛けて贅沢に一枚革で仕立てております。

coin02.jpg

一枚革なぶん、マテリアルによって表情が変わります。

coin07.jpg
リザード RED BLACK 24,000yen+TAX

coin09.jpg
ベビーカーフ BLACK 19,000yen+TAX

coin10.jpg
アンテロープ BLACK 19,000yen+TAX

coin08.jpg
アメリカンバイソン BLACK 19,000yen+TAX

※上記画像のコインケースは、ストック分となります。

このコインケースですが、ジッポライターのケースに丁度良い大きさです。
センターのボタンはRizardHeadオリジナルメイクのシルバー925を使用。
エキゾチックな素材とイタリアンレザー、2つの素材の表情をお楽しみください。

また自分好みのマテリアルで制作したい等、ご要望がございましたらご一報くださいませ。
お待ちしております。












How to Make Leather Wallet

01.jpg

How to Make Leather Wallet
手縫いで作る革のウォレット [改訂版]


ウォレットをレザーで制作する工程を細かく解説した書籍です。
その中の実践ウォレット制作の編では、RizardHeadウォレットの制作工程と解説文を紹介しております。

革や道具についての基礎知識から、レザークラフトの基礎知識を分かりやすく解説してくれています。
これから革制作を始めたい方にはお勧めの一冊です。

03.jpg

02.jpg



112_file1.jpg
出版社: スタジオタッククリエイティブ; 改訂版
216pages 210 x 182 mm
言語: 日本語
ISBN-13: 978-4883938261
発売日: 2018/6/22
Price : ¥2,800 + Tax

Gallery Sabrum open schedule 《JULY》

milan.jpg

Gallery Sabrum スケジュールをお知らせいたします。

7 JULY

7/01 11:00~OPEN (Sabrum)
7/02 11:00~OPEN (Sabrum)
7/03 11:00~OPEN (Sabrum)
7/04 CLOSED
7/05 13:00~OPEN (Sabrum)
7/06 11:00~OPEN (Sabrum)
7/07 CLOSED
7/08 13:00~OPEN (Sabrum)
7/09 11:00~OPEN (Sabrum)
7/10 11:00~OPEN (Sabrum)
7/11 11:00~OPEN (Sabrum)
7/12 11:00~OPEN (Sabrum)
7/13 CLOSED
7/14 CLOSED
7/15 13:00~OPEN (Sabrum)
7/16 11:00~OPEN (Sabrum)


RizardHead Sabrumでは、現在少人数で業務を行っております。

通常はバックヤードのアトリエにて作品を制作しておりますが、
SabrumもOPENしておりますのでお気軽にお越しください。

ご来店の際はシバタが全てのオーダーからカスタムまで承ります。
カスタマーのご希望を最高な素材とクオリティーの高い技術力でお応え致しまので
是非ご相談くださいませ。

皆様のご来店を心からお待ちしております。 

RizardHead Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
e-mail :rhinfo@rizardhead.com

New releases “Clutch bag”

  • 2018-06-28 (Thu)
  • Bag
araimodel.jpg

Clutch bag
Nail Crocdail/Antelope leather/Baby Calf BK


サブラムのお客様A氏。かれこれ18年くらいのお付き合いとなります。
そのA様に待ちに待っていただいた、クラッチバッグが完成致しました。
手染めにてネイビーブルーへと染色を施したアンテロープ革の中心に大胆にナイルクロコを配置。
バックはベビーカーフを使用しております。

araimodel02.jpg

araimodel03.jpg

A様は以前センチュリオンのウォレットをオーダーしていただいております。
そのウォレットもナイルクロコダイルのクラウンを大胆に使用した、唯一無二の作品となりました。
今回は同クロコダイルのホーンバックの部分を使いクラッチバッグを制作致しました。
ストラップ箇所にもウォレットと同様のLillyのシルバーパーツを施しております。
これは、クラッチバッグからセンチュリオンのウォレットが出てくるのを想像しただけで胸が高鳴ります!!
オーダーならではの醍醐味ではないでしょうか。

araimodel04.jpg

araimodel09.jpg

その後A様は、残りの部分でベルトのバックルを作ろうか…
テールの部分でブレスレットを作ろうか…思案中でございます。
恐るべしクロコダイル一頭買い(笑)!!

araimodel07.jpg

araimodel05.jpg

■size
幅34 cm×34㎝(畳んだ状態15㎝)
ストラップ 85㎝(金具含む)
■material
Nile crocodile
Antelope leather
Baby Calf







Gallery Sabrum open schedule 《JUNE》

smd.jpg

Gallery Sabrum スケジュールをお知らせいたします。

6 JUNE

6/15 11:00~OPEN (Sabrum)
6/16 CLOSED
6/17 11:00~OPEN (Sabrum)
6/18 11:00~OPEN (Sabrum)
6/19 CLOSED
6/20 CLOSED
6/21 CLOSED
6/22 11:00~OPEN (Sabrum)
6/23 11:00~OPEN (Sabrum)
6/24 11:00~OPEN (Sabrum)
6/25 11:00~OPEN (Sabrum)
6/26 11:00~OPEN (Sabrum)
6/27 CLOSED
6/28 11:00~OPEN (Sabrum)
6/29 11:00~OPEN (Sabrum)
6/30 CLOSED

RizardHead Sabrumでは、現在少人数で業務を行っております。

通常はバックヤードのアトリエにて作品を制作しておりますが、
SabrumもOPENしておりますのでお気軽にお越しください。

ご来店の際はシバタが全てのオーダーからカスタムまで承ります。
カスタマーのご希望を最高な素材とクオリティーの高い技術力でお応え致しまので
是非ご相談くださいませ。

連休も、休まず営業しておりますので
皆様のご来店を心からお待ちしております。 

RizardHead Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
e-mail :rhinfo@rizardhead.com

Gallery Sabrum Travel tour 2day‐Ⅵ

Lalique Museum Hakone

箱根ラリック美術館へ
素敵な庭園を通り抜け、美術館へ入るとまず目に飛び込んでくるのがラリックの大きな装飾パネルの「花束」。
(ここからは、写真撮影がNGだったので画像なしです。)そしてガラスの作品が続きます。
その中にパチネガラスの鏡に目が行きました。その説明を読むと1914年にジョージ5世とメアリー王妃がパリを訪れた時に贈呈されたものだそうです。ここでも、ジョージ5世が出てきました。なんとも、面白い偶然。ジョージ5世のことも調べたくなってきます。
1881年に兄クラレンス公とともに軍艦バカンティ号で来日した際、横浜にある日本美術の店が雇っていた彫師の彫千代に、赤と青の龍の刺青を腕に彫らせたとあります。
なんとも、親近感が沸くエピソードです。
印象派の画家たちもジャポニズムの影響を受けていたというのはよく聞く話で、ラリックの作品を見ていると、多大に影響を受けたのではという印象を持たずにはいられません。
もしかして、ジョージ5世に謁見した時に腕の龍を見せられてたら…とか
一人妄想が膨らみます…
脱線しました。

ラリックは宝石のカラット数や価値よりもデザインのオリジナリティーを重視したそうです。
だからなのか、いろんな異素材を組み合わせて創ったジュエリーは本当に驚かされます。サラベルナールとの交流は有名ですが、一体どういう女性が彼に発注して作らせたのだろうと、当時のパリ社交界の内情までも気になります。
そして、ジュエリーデザイナーからガラス工芸家に転身を次げるラリック。指輪の細工から始まり、最後は建造物や列車壁面の装飾パネルまで手掛けた偉大なアーティスト。
85歳で亡くなりますが80歳近くまで現役で活躍していたそうです。
素晴らしい…
生涯現役
枯れない才能
憧れます…

今回の旅で、シバタがこのツアー参加者、「サブラムクルー」と共感したかったもの。
私の稚拙なレポで申し訳ございませんが、何か感じていただけたら嬉しいです。

Gallery Sabrum Travel tour Vol,01 は、無事に終了しましたが、またVol,02も企画中です。
次回は、パイソンの旅だそうです。
これからも、皆さんと楽しみを共有し、素敵なものを探しに旅に出掛けたいと思います。

そうそう、ラリックのパトロンでありラリックのコレクションで有名な石油王で資産家だったカルースト・グルベンキアン。
彼の美術館がリスボンにあるそうです。
そこには、ラリック作品の最盛期ともいえる懇親の力を注いだといわれる作品ばかり、145点収蔵されているそうで、
あの有名な「トンボの精」もそこにあるという。
これは、是非観に行かなくてはなりません!!

lalique_dragonfly.jpg

Gallery Sabrum World Travel Tour も悪くないですね(笑)

■グルベンキアン美術館(Gulbenkian Museum)
Avenida de Berna 45a, Lisbon 1050-039, Portugal

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top