FC2ブログ

Home > Music

Music Archive

L.A.M.F

音楽は自分の血となり肉となってる
特に精神構造が形成される期間に聞いた音は
今の自分にとって凄く影響されていて
特にROCKというジャンルにはドップリはまっていた、

一時期音楽を生業とした時もあり
生きている事の意味と生き方が
ROCKではないと無意味すら思っていた
今思うと素晴らしく盲目過ぎて苦笑いしかでないが
だからこそ、今の自分が存在していると思っている

今日はJohnny Thundersの命日である
icbstud.jpg


彼は70'sのグラムロック、もしくはグリッターロックを代表する
NewYorkDollsのギタリスト
脱退後はHartBreakersのボーカルギターとして
70'sPUNKムーブメントの核として活動した
その後ソロとして活動するのだが、
ヘロインのオーバードーズで1991年若干38歳でこの世を去った

彼は俺のギターヒーローで、今でもアイドル
薬でヘロヘロのステージでも、とにかくなんでもOKだった
理屈抜きにそれがジョニーだったから

88年1月に福岡で彼に1度だけ会ったことがある
楽屋に挨拶に行くと、俺のポケットの中を探って
何かイイ物持ってないか?とイタズラっぽい顔で聞かれた
さすがに持ってるはずもなく、握手を交わしただけだった

ほんの数分の出会いだったけど
リアルなRockerと同じ時間を共有できただけで
幸せだったことを今も鮮明に記憶している、

すでに彼の年齢は超えたけれど
血となり肉となったJohnnyの感覚やスピリットは
死ぬまで持ち続けたいと思う D.T.K

johnny.jpg


†RIP†

Sivata

Freedom of Bible

Easy Rider
easy_rider.jpg

バイク乗り、特にアメリカンバイクに跨ってる人は
1度は聞いた事のある言葉だと思う

今から40年前の7月14日、デニスホッパーが制作し
1969年に公開されたロードムービー

いつもの禁断症状の一環としてたまに、このDVDを流す
またリラックスしたい時にも流すがほとんど観ていない
けれども、ここ何十年の癖で、何の気なしにDVDをセットしている

食事をした後のコーヒーのような感じというか
無意識に口に運んでいる煙草というか…

多分

サウンドトラックのチューンや60'sのシネマカラー
2台のバイクのエキゾーストサウンドだと思う

40年前の曲が心地いいなんて自分でも変だとは思うけれど。。
仕方ない、好きだから、

easyrider4[1]

けれども、この映画そんな軽くは観れない、ましてやバイク映画では無い
だからストーリー中の思考が深い分、流して音を聞いている


、、自由を語ることと、自由になることは違う、、


この映画が伝えたいことが理解出来ればこのセリフの意味が分かるはず

Sivata

SAINTS OF LOS ANGELES

深夜のCATVを眺めてたら
Mötley CrüeのPVが流れていた

2005年再結成した時には金の為だの言われたが
彼らは音楽のプロである、

けれどRockというビジネス、ノスタルジックに浸って
懐メロオンパレードの来日ばっかりで食傷ぎみだったのも事実

特に80'sにポップメタルでチャートを賑せたクサレバンド、
最後の来日だの夢の競演なんぞCMを見るたびに吐き気がする

Rockと名の付くもの駄作でもなんでも良いから
Rokerとしてリアルな今のサウンドを聞かせるべきだ

俺の精神状態もあってかMötley のPVを見たそこには
50歳過ぎたリアルなRockerがいた、理由抜きにカッコイイ
特にMICK MARSが最高で
Bluesを基本としたHevyなギタースタイルは完璧に洗練されて
独特の空気感が心地いい
クラッシック系早弾きギタリストでは絶対真似出来ない
彼独特の 「間」 がある

STONESを筆頭に本当の意味でのProfessionalな
現役Rockerがいてくれて心強い、彼らは羅針盤の様だ
RizardHeadも転がり続けたい

motley_crue.jpg

Sivata






ODD BOWZ

oddboze.jpg
20年来の友がやってる横道坊主の25周年記念Liveに行ってきた
最近ではクローズに楽曲提供等、脚光を浴びているPunkBand
漫画は読まないので未だにクローズの内容が理解できていないけど…

流石、25年間続けるパワー自体、尋常ではないけれど
それより驚かされたのは、昔からのスピリットとテンションを維持しているって事
芸能生活長すぎるとドップリって輩がほとんどなのに、汚れていない
Rockとはこうあるべきという1つの回答を指針している

横道との付き合いは長く彼らがデビュー以前からの友で
Liveでセッションしたり、朝まで飲み明かしたりと…25年経ってしまったのか

そして2005年突然オファーがありODBZカケアガルのスタイリング
衣装提供と彼らのギターストラップ等を制作
クレジットではSTUDARTSで記載
kakeagaru.jpg
今日のLiveでもメインギター、ベースに俺が制作したストラップでプレイしてくれていた
オンエアーで見る作品も悪くないなんて思いながら、若干口が緩んでた。。
odbzv3.jpg
初のLiveDVD なぜかカメラマンとして俺の名が確かにVTRは回していた。。
このLiveも凄まじく良い

odd.jpg
楽屋挨拶に顔を出すや否や、、、監禁
25周年だけあって、打ち上げには懐かしい顔ばかりで結局朝まで、
友の25年間の軌跡に比べれば1日なんて大した事無いだろう、
写真は全員ヘベレケだったので、彼らの今後を考え割愛させて頂きます。

彼らの25周年を記念して 

ODD-BOWZ 転がり続ける偉大さに Thaxx!!!


Sivata



CHRIS SPEDDING

1番好きなGuitaristと聞かれたら即答するのがCHRIS SPEDDING
マイナー中のマイナーなので多少プロフィール

クリス・スペディングは60年代から活動
70年代初めに‘SHARKS’というバンドで2枚のアルバムを残した
その後はセッション・ギタリストとして活動してた
この頃Rolling Stonesを脱退したMick Taylorの後釜と
してSpeddingの名前も候補にあがったらしいが、、
71年Backwood Progressionでソロとしてデビュー
2005年までに13枚アルバムを制作している

そしてSexPistolsの1stは彼のGuitarPlay無しではあのサウンドは無かった

彼のスタイルは一般的に言うSuperGuitaristでは無い
人より早く弾くとか、アクションが派手だとかまったく無く
あくまでCool、基本がJazz~Rockabillyといったベーシックプレイが基本

だが、、独特の空気感、音色、地味な音の中にあるAggressiveさ等
とにかく俺の五感をくすぐる、そして何より職人
世界一の器用貧乏ギタリストという声もある、、


特に好きなAlbum
sp2.jpg

Robert GordonとのSoundtrack
The Loveless Willem Defor(ウイリアムデフォー)主演
シュールなロードムービーだけど好きな映画の1つでもある
loveless1.jpg
またRoxy Musicにも参加していて、来日も何度かしている
俺は91年のソロツアーとRoxyMusicのサポートで神をみた

興味のある方は彼のMySpaceがあるので視聴できます

http://www.myspace.com/guitarjamboree

Black Denim Trousers and Motor.
Motorbikin は特に好きな曲

もう還暦を越えているけどメンタルロックは衰えないと感じた


先日TAJYANでお会いした広島SelectShop925の森本さんと古川さんも
初めてお話したけれど、やはり、、STRIKE、、 話の内容はBikeとRock
古川さんはGuitaristで当然話題は好きなGuitaristとの話でコラムに追加、
Artの作品を取り扱っている方は感性もArtistな雰囲気を持っている



Born to be wild tune was selected to Miss Morimoto
born_to-be_wild-steppenwolf-45.jpg
This Song is "BETA BETA" jyaken


Lizard & Moot The Hoople

hoople2.jpg

好きなRockBandでMott The Hoopleというバンドがあります。
70’sの音楽は特に好きなんですが、

この時代のRockは実験的なアート色がかなり強く
サウンドだけではなくアルバムデザインも興味を惹かれます。

写真のジャケットはオランダのアーティストM.C. Escherの手による物ですが
lizard(ワニに見えますが作者はlizardと語っています。)がジグソーパズルになっており
そこからlizardが這い出すという面白い設定となっています、
モノトーンの中に赤と緑との補色関係も絶妙で
RizardHeadを始める前から気になってたジャケットでした

このレコードは所持してますが、すっかりレコードプレイヤーというハードから遠ざかり
現在はストック棚の中で10年以上眠ったまま…

久しぶりにMootを聞いてM.C. Escherを思い出した雨の真夜中

sivata

Home > Music

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top