fc2ブログ

Home > Material

Material Archive

New material Remy Brown

bdremmy03.jpg
Remy Brown

新しいマテリアルが入荷いたしました。
シュリンクのシボ目と、陰影がブランデーの琥珀色のように美しいレザー。
Remy Brown(レミーブラウン)。

・牛革(ステアハイド)/シュリンク

ステアハイド(英:Steer / Steerhide)とは、生後2年を経た雄牛の皮を指します。
生後3ヶ月~半年程度の期間内に去勢され穏やかな気性になるため、キズが少ないのが特徴です。

シュリンク(英 : shrink)とは、表面(銀面)にシボ目を出すことを言います。
シュリンクされた革は収縮により、傷が目立ちにくくなり経年変化による革特有の皺等も付きにくく
比較的綺麗な状態を維持することが可能です。

bdremmy04.jpg

bdremmy02.jpg

bdremmy01.jpg

レミーブラウンは、今回1枚だけの入荷となります。
まだ刃を入れていないので、ベルトも一本取り可能です。

ご使用時に出来る、折り皺等や多少の傷も目立ちにくいので、
デイリーに使われるベルトやバッグ、ウォレット、ケーケースなどお勧めです。
手触りもソフトで革本来の風合いも楽しめます。

気になった方は是非、ご一報をお待ちしております。

RizardHead/ Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Mail: rhinfo@rizardhead.com
HP:www.rizardhead.com/
WEB SHOP:https://rizardhead.thebase.in/

New material Sealskin

dyseal20224501.jpg

Sealskin アザラシ革(シールスキン)
久々に入荷しました!
シールスキンとは、アザラシやアシカ、オットセイなど海獣を総称した革名です。
毛皮を使った製品を見かけることがありますが、こうした毛皮はシールスキンとは呼びません。
毛を除去してなめし加工を施した状態の革をシールスキンと呼びます。

国や地域によっては害獣として駆除される対象になっており、
その副産物としてシールレザーが作られます。
また、野生のものを捕獲するため流通量も少なく、
とても稀少なゆえワシントン条約によって輸出入は厳格に管理されております。

dyseal20224502.jpg

dyseal20224503.jpg

シールスキンの特徴としては、弾力のある手触りを持つ革で、厚みがあり高い耐久性を誇ります。
希少価値が高くて丈夫。独特のシボ感とソフトな肌触りも魅力の一つです。

ご興味のある方は是非!
ご一報お待ちしております。

RizardHead/ Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Mail: rhinfo@rizardhead.com
HP:www.rizardhead.com/
WEB SHOP:https://rizardhead.thebase.in/

New material Pirarucu !

dyPIRA02.jpg

新しいマテリアルのご紹介です。
「アマゾン川に生息する巨大魚」として有名な、Pirarucu (ピラルクー)。
体長3m以上になり、世界最大級の淡水魚だそうです。

PIRA.jpg
(Wikipediaより引用)

このマテリアルは数年前にミラノのタンナーにお邪魔した時に出逢い、その時から気になっていたマテリアルです。
しかも、今回このマテリアルの出所を聞くと私たちが訪問したミラノのタンナーから入荷したピラルクでした。
ミラノでは沢山のカラーがありましたが、今回はBLACKだけの入荷です。
とても軽い素材なので、クラッチバッグやサコッシュでも良さそうです。

Pirarucu.jpg
ミラノタンナーにて

流石、世界最大級の淡水魚、うろこが大きい!
ギターピックくらいの大きさです。
dyPIRA03.jpg

RizardHead初マテリアル
どなたか、作品にしてみませんか。
ご興味のある方は是非!
ご一報お待ちしております。

RizardHead/ Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Mail: rhinfo@rizardhead.com
HP:www.rizardhead.com/
WEB SHOP:https://rizardhead.thebase.in/

Caiman VS. Junji Sivata Vol.1

カイマン はかなり手強いレザーである

全体的にカルシウムの塊で骨の上にレザーが乗っているニュアンス
また流通しているホーンバックは
ナイルクロコに比べ特に小さい為
ウォレットに仕上げる為には前足の部分が突起…?になって、
面が出ないので必ず加工が必要になる

1枚目の写真が加工前、2枚目は加工後

ciman befor

ciman after

見分けがつかない程良いとされる
20年やってきたかいがあってバッチリ面を出す技術を身につけたけれど

伝える術はマンツーマンじゃないと無理
伝えようにも、弟子は皆んな途中で挫折する

この技術も自分の代で終わりかと思うと
それもロックだなと思う金曜日の夜

Junji Sivata

ELEPHANT LEATHER

DYerephant20213101.jpg

Rizard Headで扱う革の中でもかなり希少性の高いエレファントレザー
数あるレザーの中でも、レザー上級者には垂涎の的のレザーと呼べるのではないでしょうか。

通常RizardHeadでストックしているエレファントは密猟等のアウトサイドではなく
WWF管理の元、正規流通を長年行っている南アフリカのタンナー
EXOTANが供給するグレード1のエレファントレザーを採用しております。
肉厚で軽く、防水に優れ傷にも強いという、レザーの中でも群を抜いた丈夫さが特徴です。
また、使い込んでいく内に表面の粒上になったところがどんどん光り輝き経年変化も楽しみなレザーです。

作品の廻り縁も、ボールフィニッシュとレースアップではかなり印象が変わりますね。
現在、すぐにお求めいただけるエレファントレザーの作品は下記となります。

Short Butterfly wallet/ Elephant BLACK / L-fin
dyerephant202131003.jpg
https://rizardhead.thebase.in/items/36447071

New Key Case3 /Elephant BK
dyerephant20213103.jpg
https://rizardhead.thebase.in/items/40446335

Rizard tail Key Holder2 /Elephant BK/RE-5/B-fin
dyerephant20213102.jpg
https://rizardhead.thebase.in/items/40778658

Super big crocodile porosus !!

DYwco04.jpg

超高級マテリアル、スモールクロコダイル
Rizardheadではポロサスと呼んでおりますが、そのポロサスが入荷いたしました。
しかも、超ドデカ級!歴代1~2位を争う大きさです。
今回はタンナーに直接足を運び、偶然(必然)1枚だけ巡り合いました。
そんな、運命のポロサス。この革に関してはリピートはききませんので
無くなり次第終了となります。

DYwco05.jpg

シバタのバイクと並べてみましたがわかり辛いかと思いフライングVも置いてみました。
漢の3種の神器みたいになってしまいましたが、生前は3メートル近くあったのではないでしょうか。

そして、一番に注目したのはこのカラーです。
まず初めにこの色に一目惚れし、このグラデーションの美しさに心奪われました。
一回染めた後に黒を入れ、拭きあげてグラデーションを出しています。
染色に、一手間も二手間も掛かっているこのカラーの名前は「ヴィンテージワイン」
当たり年のタンニンがしかっりしているフルボディのボルドーワインのようなそんな印象です。

次に注目したのが、腑の大きさです。
スモールクロコの一番の魅力ともいえる竹腑と丸腑の美しさが特長ですが
このスモールクロコ。特に胴の周りの1つの腑の大きさが一つ一つデカいです。
今回はその腑の大きさを逆手に取って敢えて小物に取り入れたり、
または掟破りのダイナミックな作品に仕上げてみようかと企んでいるようです。

DYwco02.jpg
Gallery内の2mあるカウンターでもはみ出してます…

DYwco03.jpg

ご興味のある方はシバタがナイフを入れてバラさない内に、是非Galleryにおいでください。
これは、一見の価値ありです。

現在、Gallery Sabrumは完全予約制にてお客様をお迎えしております。
お越しいただける前日までに、メール、お電話でご連絡お願いいたします。
Tel:0422-55-1121
Mail: rhinfo@rizardhead.com

それでは、皆様のお越し心よりお待ちしております。
RizardHead/ Gallery Sabrum
定休日/火・.水曜日
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
Mail: rhinfo@rizardhead.com
HP:www.rizardhead.com/
WEB SHOP:https://rizardhead.thebase.in/

New material elephant leather made in Japan!!

dyerenavy.jpg

New Material Elepfant Leather 

Rizard Headで扱う革の中でもかなり希少性の高いエレファントレザー
数あるレザーの中でも、レザー上級者には垂涎の的のレザーと呼べるのではないでしょうか。

通常RizardHeadでストックしているエレファントは密猟等のアウトサイドではなく
WWF管理の元、正規流通を長年行っている南アフリカのタンナー
EXOTANが供給するグレード1のエレファントレザーを採用しております。

今回入荷したエレファントレザーは原皮から日本に輸入され、日本でタンニングから
染色までおこなった南アフリカ生まれのmade in JAPANのエレファントレザーです。

EXOTANが供給するエレファントレザーは現地でタンニングと染色を施しますが、
元来エレファントはワイルドな素材で硬い箇所も有り、いざ作品に使用するとき
大変手こずったりするのですが、この日本でタンニン鞣しされたエレファントレザーは
日本の確かな技術により大変肌触りの良い、ソフトで良質なエレファントレザーとして
生まれ変わりました。
大変手触りが良いので、バッグから小物まで何にでも適しております。
昔から欧米では、非常に特別な貴重な革として珍重され、椅子、本の装丁、鞄、ハンドバック、
ベルト、靴、その他特別な小物などに利用されたそうです。
カラーは、ネービーブルーをもう少し深くしたような、
日本人にはとてもしっくりとする馴染み深い色見です。

エレファントレザーに関しては、今ではクロコダイルに並ぶ高値になりました。
エレファントレザーについて説明する時に、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」、
通称「ワシントン条約」は避けて通れません。
現地での乱獲により、アフリカ象絶滅の恐れが出たからです。
その後、10年間一切の国際取引が禁止されましたが、
その間にジンバブエ、ボツワナ、ナミビア、南アフリカなどの南部アフリカ諸国で
ゾウの個体数が急増してしまいました。
象を保護したら、今度は個体数が増加し、現地で村を壊滅させたり、食料不足になったり等
動物界のバランスを保てなくなったのです。
再びワシントン条約の改正が行われ、増え過ぎを防ぐために
繁殖し過ぎた頭数を間引きする事になったのです。
現在は、増えた個体数により各国に輸出される象牙、皮革の数が決められています。
当然、数は微量で安定的な供給とは言えない状況です。

次回、いつまた入荷されるかは全くわからない希少な革と言えます。
是非この機会に、すばらしい品質、耐久性が大変すぐれたエレファントレザーに触れてみてください。
そして、この希少性の高いエレファントレザーで貴方だけの作品を作ってみませんか。
ご興味のある方はお気軽にご連絡くださいませ。

現在、Gallery Sabrumは完全予約制にてお客様をお迎えしております。
お越しいただける前日までに、メール、お電話でご連絡お願いいたします。
Tel:0422-55-1121
Mail: rhinfo@rizardhead.com

それでは、皆様のお越し心よりお待ちしております。
RizardHead/ Gallery Sabrum
定休日/火・.水曜日
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
Mail: rhinfo@rizardhead.com
HP:www.rizardhead.com/
WEB SHOP:https://rizardhead.thebase.in/





Recommended Sharkskin !!

マテリアルの入荷情報です!

ブルーシャークのボルドーとグリーンカラーが入荷いたしました。

世界で最も美しいサメと呼ばれるブルーシャークは、シボの凹凸が美しくキメが揃っているも魅力です。
また、耐久性・耐水性にも優れているのも特長です。
植物性のタンニンで鞣すことで型崩れを防ぎ、使い込んで行くうちに艶が増してくるので
経年変化を楽しめる革素材としてお勧めです。

shark wine
Bordeaux
shark green
Green
定番のBLACKは常時ストックしておりますが、カラーものはシバタのお眼鏡にかなったものしか
手を出さないので各1枚づつのストックとなります。
気になった方は、お早めにどうぞ。

RizardHead Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635

Too beautiful black Crocodylus porosus

blacksmollcroco.jpg

RizardHeadではお馴染み、マットブラックのスモールクロコ(ポロサス)が
入荷致しましたのでご紹介させていただきます。

クロコの中でも最高級品のポロサス。

また、ワシントン条約が締結されてから年間の供給が一定量に定められており
全体のワニ革に対して、その中でもポロサスは僅か14%の割合となります。
年間最も希少価値の高いクロコダイルとされ、
ヨーロッパのハイブランドがこぞって世界中を探し求めるため入手は困難。
ますます、希少性が高くなり高額で取引される事となります。

そんな中、タンナー巡りをしていると出逢ってしまいました。

きめ細かいエレガントな斑の並びが特徴といわれている最高級に美しい…

そんなポロサスに。

タンナーの渋面も、見て見ぬふりをしながら厳選に厳選を重ね選び抜いた一枚です。

是非、ギャラリーにお越しいただき実際お手に取って
その美しさを実感してただけたらと思います。

RizardHead Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635

Recommended American Bison Leather !

AB001.jpg

耐久性に優れ、シボの入り方が特徴的なアメリカンバイソンのご紹介です。

アメリカンバイソンは、アメリカ合衆国(アイダホ州、アリゾナ州、カリフォルニア州、サウスダコタ州、モンタナ州、ワイオミング州、ユタ州)、カナダ、メキシコ に分布。
以前はアラスカからカナダ西部・アメリカ合衆国からメキシコ湾沿岸を含むメキシコ北部にかけて分布していたそうです。

49790935_2176327935763453_1262831650446770176_n.jpg

49834129_2176741269055453_2632703193103990784_n.jpg
画像は、サウスダコタ州のBear Butte State Parkで撮影したアメリカンバイソンです。

アメリカンバイソンは乱獲により絶滅危機に陥ったことがある希少な動物です。
一般に養殖もないため、流通も少なめで比較的高価なレザーともいえます。
野生のものがほとんどのため非常に堅牢で分厚く、傷やシワなどは他の革と比べ多いですが深い大きなシボが特徴の、迫力あるレザーです。
丈夫で傷も付きにくいので、日常でご使用いただくバックや財布などを始め、レザー小物としては最適なマテリアルともいえます。
革自体がもつシボやシワ、使っていくとともに変わっていく色、そして艶感を楽しむ事が出来ます。
是非アメリカンバイソンをお手に取って、その良さを実感していただけたらと思います。

現在、すぐにお求めいただけるアメリカンバイソンレザーの作品は下記となります。

Centurion Wallet /American Bison BK
AB002.jpg
https://rizardhead.thebase.in/items/17085844

Body bag/Frap American Bison
AB003.jpg
https://rizardhead.thebase.in/items/19746172

Small rich coin case1
AB004.jpg
https://rizardhead.thebase.in/items/17086203

Card Case / American Bison《Black》
AB005.jpg
https://rizardhead.thebase.in/items/17087262

Card Case / American Bison《Brown》
AB006.jpg
https://rizardhead.thebase.in/items/17087338


Home > Material

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top