FC2ブログ

Home > Events

Events Archive

LEATHER SHIRT Spring New Collection

LEATHER SHIRT Spring New Collection

ポストカード [RHLレザーシャツ]

いつもRizard Headをご愛顧ありがとうございます。
この度、レザーシャツの発表&オーダー会をGallery Sabrumにて開催する運びとなりました。
下記の日程にて開催いたします。

DATE  3.30(sat)-31(sun)~
TIME  11:00~20:00
PLACE Gallery Sabrum 
東京都武蔵野市中町3-1-5メゾンマキ1B
℡0422-55-1121
rhinfo@rizardhead.com

みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。
心よりお待ちしております。

Gallery Sabrum Year-end Party 2018!!

201801.jpg

Gallery Sabrum Year-end Party 2018ご来店いただきました有志の皆様、誠にありがとうございました。
ご持参いただきました各酒諸々…優しいのから恐ろしいものまで(笑)
そして、お酒の波に呑まれた方もうまくかわした方も…
また、やりますよ~!
ご予定があって今回ご参加いただけなかった方も、是非来年お待ちしております。
そして来年は、Rizard Head創立20周年となります。
このBig Waveをまた皆様と一緒に乗りこなしたいと思います。
懲りずに来年もよろしくお願いいたします。
有志の皆様に感謝します。


201802.jpg
201810.jpg
2018BINGO.jpg
201811.jpg
201812.jpg
201809.jpg
201807.jpg
201806.jpg
201805.jpg
201804.jpg
201803.jpg




Gallery Sabrum Year-end Party 2018!!

Drinking_Bacchus.jpg
Gallery Sabrum Year-end Party 2018!!


今年も後残り僅かとなって参りました。
日頃からお世話になっている皆様へ感謝の気持ちを込めて、ささやかですが
2018年12月15日(土)17時~忘年会を開催することとなりました。

ドレスコードはRizardHeadのアイテムを1つ身に着けて(持って来て)いただければ、参加可能です。
Foodはシバタの旧友 イタリアンバルALMAのオーナーシェフ松下氏による料理をご用意します。
勿論Free Food Free Drikinです毎年品切れ必至のメニューとなりますのでお早めに!
『お酒&フード』 持ち込み大歓迎です!!
召し上がりたいものをお気軽にご持参していただいてOKです!
大いに盛り上がりましょう♪
恒例になりましたビンゴ大会!勿論RizardHead幣も、準備しております。
今年の新年会で、ゲットした方、有効期限がございますからご注意下さい!
そして、皆さまが欲しくてざわつく特賞もスペシャルヴァージョンとしてご用意させていただきます。
こちらもお楽しみに♪

年末のお忙しい中、恐縮とは存じますが、是非お気軽にお立ち寄り下さい。
スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

場所や詳細などご不明な点御座いましたら
お気軽にご連絡下さいませ
それでは皆様のご来場心よりお待ちしております

Gallery Sabrum Year-end Party 2018
会場:RizardHead Gallery Sabrum
時間:17時~Gallery Start

RizardHead Gallery Sabrum
180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
e-mail :rhinfo@rizardhead.com

RizardHead event Reflect Tune vol.1 Live at Gallant Horse 02


garant07.jpg

Reflect Tune vol.1
2018.11.4(SUN)13:00-19:00
at Gallant Horse

青森市Gallant Horseさんにて“Reflect Tune vol.1”無事に終了致しましたこと、
ご報告申し上げます。

お天気にも恵まれ、秋晴れの気持ちのいい展示会となりました。
お越しいただいたお客様に少しでもRizard Headの世界を感じていただきたく、
Gallery Sabrumに展示(販売)しているアイテムを出来るだけ多く持ち込むことにしました。
そして、事前の準備をしてくださったオーナー木村さんには本当に感謝しております。

garant04.jpg

garant02.jpg

garant03.jpg


garant05.jpg
garant06.jpg

以前にピースメーカーをオーダーしていただいたお客様もいらっしゃって、
新作クロスのスタッズ(まだ公には発表しておりませんが)を、その場で2発打ち込みました。
ちょっとしたLIVE感も感じていただけたのではないでしょうか。
こうやってスタッズを施すだけでも印象かぐっと変わります。
「また、来年どこに打ちましょうか。」そんな会話が楽しく、
作品をお客様が自分だけの唯一無二の作品に育てていって下さるのは嬉しい瞬間でもあります。
作家冥利に尽きるというものです。

お越しいただいたお客様とも、じっくりお話が出来て有意義な時間となりました。
また、オーダーもいただき誠にありがとうございました。
次回RizardHead event Reflect Tune vol.2 来年も皆さんにお会いできることを楽しみにしております。
本当にありがとうございました。


garant77.jpg
PS:展示会終了後、打ち上げで記憶が飛ぶほど飲み明かし、別れ際に撮影《青森時刻2:50》
楽しかった記憶しかございません(正気だったのはシバタだけ)…青森最高!!

RizardHead event Reflect Tune vol.1 Live at Gallant Horse01

IMG_0208.jpg

Reflect Tune vol.1
2018.11.4(SUN)13:00-19:00
at Gallant Horse

昨年、12/3 にReflect Tune vol.0を開催いたしました。
初の Gallant HorseさんでのTrunk Show、オーナーの木村さんのお人柄でしょうか、
お越しいただいたお客様とも、終始温かい雰囲気で第1回目のイベントを終える事が出来ました。

また、今年も参ります‼
前回お越しくださった方はもちろん、お近くにお越しの際はお気軽に足をお運びください。

ga05.jpg
クロコダイルや爬虫類等のマテリアルの展示も致しました。今回も、実際にお手に取って質感をお確かめください。
ga03.jpg

ga01.jpg

ga02.jpg
レースアップの講習会が始まりました。今年もやりますよ(笑)
ga07.jpg
12.1がシバタのバースデーという事で、木村さんよりバースデーケーキのサプライズが!
お客様と楽しく過ごさせていただき、ありがとうございました!!


◆イベント内容
お持ちの作品へのシルバースタッズのうち込みパフォーマンス
シバタが、細部に渡り御客様からのカスタムオーダーを承ります。

2005年より開始されたイベントですが、2018年現在まで
12年間に70本以上開催され多くのお客様にご来場頂き、
RizardHeadの世界観を皆様にお楽しみ頂けるイベントとなります。

■イベント コンセプト
LIVEであるという事と意義、レザーの仕事を生業としている者にとって画像や文章では伝わらないことを
LIVEという形式でRizardHeadを伝えたいと考えています。

■メンテナンス
現在所有されているRizardHeadのアイテムにメンテナンス・アドバイスを実施致します。
作品の状態によっては当日不可能な事もございますのでご了承下さい。
不可能なものにつきましては後日お渡しかメンテナンスアドバイスを致します。

■カスタム
当日ご購入頂きました商品、お持ちの商品へのシルバースタッズ打ちのパーツを取り付ける等のカスタムを致します。

■フェイス トゥ フェイス
アイテムやカスタム、マテリアルについてのご相談やメンテナンス方法、時間が許せばカスタマーの方とダイレクトにお話をさせて頂きます。

皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。
是非御来場お待ちしております。

お問合せ
GALLANT HORSE
青森県青森市古川2-14-6
TEL/FAX 017-777-7537
http://gallanthorse.jp/

Rizard Head TRUNK SHOW@ SMOKIN'BILLY 02 

smoking73.jpg

Rizard Head TRUNK SHOW@ SMOKIN'BILLY
2018.10.27
Independence Day Vol.0
 
当日は、お天気にも恵まれ、南は九州、北は北海道と、沢山のお客様にお越しいただきまして誠にありがとうございました。
また、今回のイベントで特別に作ってもらったSMOKIN'BILLY特製ワニ肉を使ったメンチバーガーも最高に美味しかったです。

SMOKIN'BILLYオーナーRIKIYAとの約束も無事に果たせ、感無量です。
また、第二弾Independence Day Vol.1を来年開催出来たらと思っております。



Rizard Head TRUNK SHOW@ SMOKIN'BILLY

rikiya000.jpg

Rizard Head TRUNK SHOW@ SMOKIN'BILLY

この夏熱かった甲子園球場の近くに、もっとHOTなハンバーガーショップSMOKIN'BILLYがあります。
そこで、初のインストアイベントRizard Head TRUNK SHOWを開催させていただく事になりました。
SMOKIN'BILLYオーナーは15年来のカスタマーで、それ以来公私に渡り進行を深めて参りました。
2017年彼がたっての願いでSMOKIN'BILLYを立ち上げた時から、
いつか2人でコラボイベントを行うというのは漢の約束でもありました。
その約束が漸く叶います。

SMOKIN'BILLY×Rizard Head きっと何かが起こるでしょう。
是非、2018.10.27  SMOKIN'BILLYに遊びに来てください。

詳細が決まり次第、随時お知らせいたします。

■SMOKIN'BILLY
兵庫県西宮市里中町2-4-15 小林ビル103号
smokin999.jpg

※SMOKIN'BILLYオーナー所有アイテム
Rizard Head/Special custom order
・ Double Riders /Ricky's special model
rikiya01.jpg

・Spider Bracelet/Ricky's special model
rikiya02.jpg
rikiya03.jpg






Gallery Sabrum Travel tour 2day‐Ⅵ

Lalique Museum Hakone

箱根ラリック美術館へ
素敵な庭園を通り抜け、美術館へ入るとまず目に飛び込んでくるのがラリックの大きな装飾パネルの「花束」。
(ここからは、写真撮影がNGだったので画像なしです。)そしてガラスの作品が続きます。
その中にパチネガラスの鏡に目が行きました。その説明を読むと1914年にジョージ5世とメアリー王妃がパリを訪れた時に贈呈されたものだそうです。ここでも、ジョージ5世が出てきました。なんとも、面白い偶然。ジョージ5世のことも調べたくなってきます。
1881年に兄クラレンス公とともに軍艦バカンティ号で来日した際、横浜にある日本美術の店が雇っていた彫師の彫千代に、赤と青の龍の刺青を腕に彫らせたとあります。
なんとも、親近感が沸くエピソードです。
印象派の画家たちもジャポニズムの影響を受けていたというのはよく聞く話で、ラリックの作品を見ていると、多大に影響を受けたのではという印象を持たずにはいられません。
もしかして、ジョージ5世に謁見した時に腕の龍を見せられてたら…とか
一人妄想が膨らみます…
脱線しました。

ラリックは宝石のカラット数や価値よりもデザインのオリジナリティーを重視したそうです。
だからなのか、いろんな異素材を組み合わせて創ったジュエリーは本当に驚かされます。サラベルナールとの交流は有名ですが、一体どういう女性が彼に発注して作らせたのだろうと、当時のパリ社交界の内情までも気になります。
そして、ジュエリーデザイナーからガラス工芸家に転身を次げるラリック。指輪の細工から始まり、最後は建造物や列車壁面の装飾パネルまで手掛けた偉大なアーティスト。
85歳で亡くなりますが80歳近くまで現役で活躍していたそうです。
素晴らしい…
生涯現役
枯れない才能
憧れます…

今回の旅で、シバタがこのツアー参加者、「サブラムクルー」と共感したかったもの。
私の稚拙なレポで申し訳ございませんが、何か感じていただけたら嬉しいです。

Gallery Sabrum Travel tour Vol,01 は、無事に終了しましたが、またVol,02も企画中です。
次回は、パイソンの旅だそうです。
これからも、皆さんと楽しみを共有し、素敵なものを探しに旅に出掛けたいと思います。

そうそう、ラリックのパトロンでありラリックのコレクションで有名な石油王で資産家だったカルースト・グルベンキアン。
彼の美術館がリスボンにあるそうです。
そこには、ラリック作品の最盛期ともいえる懇親の力を注いだといわれる作品ばかり、145点収蔵されているそうで、
あの有名な「トンボの精」もそこにあるという。
これは、是非観に行かなくてはなりません!!

lalique_dragonfly.jpg

Gallery Sabrum World Travel Tour も悪くないですね(笑)

■グルベンキアン美術館(Gulbenkian Museum)
Avenida de Berna 45a, Lisbon 1050-039, Portugal

Gallery Sabrum Travel tour 2day‐Ⅴ

2day
Antique Jewellery Museum& Lalique Museum Hakone.


2日目午前中からアンティークジュエリーミュージアムへ
こちらの見どころは、とにかく19世紀の華やかなヨーロッパ社交界を想像してしまいそうな
豪華で繊細なジュエリーと装飾品の数々。
そして3回目の訪問ですが、毎回優しく解説してくれる館長さん。

今回の展示の目玉はビクトリア女王在位60周年を記念してジョージ5世が作らせた火縄ライターつき シガレットケース。
あれ?!ビクトリア女王といえば、昨日のハスの女王『ビクトリア・アマゾニカ』に逢ったではないですか。
何という偶然!
今日はジョージ5世。そしてこのシガレットケースですが、何が素晴らしいかというと閉じたときに全く蝶番の凹凸がわからない。
100年以上も前に、その打ち出しの板金技術は相当なものだったと思われます。

BT13.jpg

2Fへ行くとまたまた目が眩むような、ジュエリー群。溜息しかでません。
繊細なカメオが並びます。その中でも、このピンクのカメオ。
お酒の神様バッカスがモチーフのようです。ほんのりピンクが可愛い。そのカメオを見ていると、館長が「これの材料みる?」と大きな貝を持って来てくれました。その貝はコンク貝。このピンクはこの貝を削ってグラデーションを出しているという事。
この繊細さに驚きです。

BT10.jpg
konku.jpg

ゴールドとターコイズのブローチとピアスのセットはビクトリア時代初期の作品だそうです。
館長曰く、この時代に石留している爪の小ささ。全く表に見えておらず、尚且つ石を全く傷付けることなく留めているこの優れた技術は今も解明出来ないていないそうです。

BT11.jpg

館長の貴重なお話を伺いながら、19世紀ビクトリア王朝時代の華麗な世界にどっぷり浸らせていただきました。
また、再訪したい。
大切な場所。
館長に感謝の気持ちを伝え、次はいよいよ箱根ラリック美術館へ

BT12.jpg
BT07.jpg
BT08.jpg

BT09.jpg


Gallery Sabrum Travel tour 1day‐Ⅳ

熱川温泉へ

食事前に我慢出来ず、お疲れビール
そして、旅館の夕食を済ませ、ここから合流する鈴木さんと皆なで夜の街へ
射的に興じ、韓国焼肉屋でまた一杯
BT05.jpg

すっかり、何処にも行くとこがなくなり、旅館に戻る。
そこで、私がコッソリ持ち込みしたワインを、凝りもせず皆でがぶ飲みしていたら、誰かがリザードヘッドのアイテムを並べ出した。結局皆な本日身に着けて来たアイテムを各部屋から持ち込んで、並べ始めた。
見た目、押収品か(笑)

BT01.jpg

これを肴に酒を飲む…
楽しい。
美味い。
今宵も深け、酒が進む。

The first day is over.
Continue tomorrow.

Home > Events

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top