Home > Item

Item Archive

ボロータイ

  • 2015-11-14 (Sat)
  • Item
BT (2)

BT (1)


写真はギャラリーサブラム新入荷
ボロータイネックレス

ベースは丁寧に手染めで染色されたグラデーションレッド
シルバーパーツも随所にセット致しました

永さ変更可能で使い勝手良く、ペンダントを通したり
シャツやTシャツの上からなど着用頂けます
是非ご覧になって見てください

それでは本日もギャラリーサブラム
元気にオープンとなります

ホットコーヒーご用意しお待ちしております
お近くにいらした際は是非お立ち寄り下さいませ

RizardHead Atelier&Gallery Sabrum
定休日火曜日 Open11時~Close20時
〒180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
e-mail :rhinfo@rizardhead.com
Homepage:http://www.rizardhead.com/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/RizardHead

レザーネックレス

  • 2015-08-24 (Mon)
  • Item
LN.jpg

LN1.jpg

LN2.jpg


写真はギャラリーサブラム
カスタマーからのオーダー レザーネックレス

ペンダントトップは以前ご購入の
RizardHead×AbilityNormal Limited Pendant

今回はBK×REDで編みこまれた
レザーネックレスを合わせられました

エンドやフロントにシルバーパーツをセットし
全体にカラーも合わせてバランスよい仕上がりになりました
大変お待たせ致しました 誠に有難う御座いました

土日も沢山の御来店誠に有難う御座いました
日曜日は急遽変則的なオープンとなり
大変ご迷惑お掛け致しました

本日もギャラリーサブラムオープンとなります
お近くにいらした際は是非遊びにいらして下さい
それではどうぞ宜しく御願い致します

RizardHead Gallery Sabrum
定休日火曜日 Open11時~Close20時
〒180-0006 東京都武蔵野市中町3-1-5 1B
Tel:0422-55-1121
Fax:0422-38-9635
e-mail :rhinfo@rizardhead.com
Homepage:http://www.rizardhead.com/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/RizardHead
Twwiter:https://twitter.com/RizardHead

LEATHER PANTS PROTOTYPE.

  • 2014-05-22 (Thu)
  • Item
Leather Pants

LEATHER PANTS PROTOTYPE...

Old Customer

  • 2013-03-07 (Thu)
  • Item
2013mkfvvnv.jpg
Gallery Sabrumに昔からのカスタマー様が尋ねて頂きました
自分の私物以外に過去の作品の数々を1度には見ることは出来ませんが
お越し頂いた方のレザー製品はRizardHeadを使用しておられ
過去~現在の作品の経年変化を見ることが出来ました

向かって左のウオレット~左のブックカバーまで2006年~2012年の作品となります
6年間殆ど毎日使用されたウオレットは取り扱いが丁寧なのかスレや傷は殆ど見当たらず
最高のコンディションを保っていました、その他の作品も非常に状態が良く
ハンドダイで染色したブックカバーは独特の色合いに変化していました

先日は20年ぶりの作品との対面を果たしましたが
過去との対面は非常に嬉しいものです、
消費文化のシステムの中1つの物を大事に扱う感性、
自分の考え方を反映頂いた時間を過ごさせて頂きました、感謝です

Racing Stripe

  • 2010-01-15 (Fri)
  • Item
60's 70's のレーシングカーのデザインにストライプが多用されています
現在でもそのデザインははカマロやチャレンジャー等のアメリカンスポーツカーの
ボディに凛々しくペインとされています、
1本のラインだけでレーシーな雰囲気が出せしまうシンプルさは
モータースポーツの培ってきた歴史を改めて感じます

10113_20100131175948.jpg
WASR Bk/Pyhon Straip White/Python

漆黒のACコブラレーサーをイメージ、フェイスの素材は全てダイヤモンドパイソンを使用、
リザードヘッドのアイテムにもこのストライプはレーシーに感じます。

Sivata

Pickup Items

  • 2010-01-12 (Tue)
  • Item
作品にエキゾチックレザーを使用し始めて10年以上経過したのですが
その素材の持つ魅力は飽きる事が無く、次第に大きくなる一方で
必ず面白いレザーが出れば後先考えずに購入していまいます。

エキゾチックの世界は特殊で、定番と言われる物も存在しますが
素材や色に関しては現在あるだけで後は無いといった物が多いのが特徴です
特に昨年からのサブプライムローンの問題で景気が一気に低迷して
未だに景気が戻らない日々が続いていますが
爬虫類業界もそのあおりを受けて、物が動かない売れない状態が続いています

特にエキゾチックレザーは高価な皮革の為景気の影響を受けやすく
結局この時期タンナーも新しいカラーやマテリアルといった冒険は避け
売れるであろうデーターの取れた物しかタンニングに回しません。
よって面白いカラーも減り、今はあるけれど、在庫が無くなれば作らない
と、現状ではこういった事になっています。

自分としては景気の状況の良くなるまで待つと悠長な事は性格からして無理ですので
魅力的なマテリアルがあれば必ず購入しています。

その時に気に入ったものはその時にしか手に入らない、エキゾッチクレザーの特徴です
RizardHeadではより多くのマテリアルを選んで頂けるストックと環境を努力しております。
しかし、時として無いものは無い状態が続くと、カスタマーの方にもご迷惑をお掛けしますし
マテリアルの為に作品が作れないといった寂しい状況は相当へこみます。
早く景気が回復してくれる事を願っています。

10114.jpg
BR CrocCrown + E-Cross
シャムクロコのクラウンを大胆に使用しました

工業製品と違って全て自然の造形ですので、左右のバランスや均整の取れたマテリアルは稀です
よってクラウンの大きさが全て違う為、マテリアルのチョイスとフィティングに神経を使います。
クラウンは1匹に1つしかありません
この時点ですでに世界に1つだけのアイテムと申しても過言では無いと思います。

Sivata

Pickup Items

  • 2010-01-08 (Fri)
  • Item
デザイナーやクリエイターは不規則な生活が多い方もいらっしゃると思います
自分もその例外ではなく、このDiaryを書いている時間は朝の5時や昼12時だったりと
不規則極まりないDiaryのつけ方をしています。
今利用しているFC2ブログは時間の設定が出来るので
メイン画面のカレンダーの穴を埋めるようにまとめて投稿しています。
このブログを書いているのは実は19日1時55分、
正確な日時を必要とするDiaryは出来事があった日時に設定していますが
今回のPickup Itemはコラム形式で更新しています。
毎日綺麗に更新したいところですが、この仕事を続けている限り不可能の様に思えます

また携帯画像からの更新も出来ますが、画質が荒い為に無理ですし
自分に向き合いあうというDiaryですが、ウエブで公開していると言う事は
言葉や画像に責任を持たなければならないと考えています、

10113.jpg
HBPA BabyCalf R-Crest

シンプルですがエンボスの立体感が主張しています、
タガーにリザードのシルエットがRizardHeadのイニシャルR-Crestです

レザーに触れて24年 独立して15年 RizardHeadで10年なので
レザーに触れた時から数えて14年目にしてやっと出来た自分のイニシャル
ダイアリーは昨年から始めていますが、長く続けたいと思っています

Sivata

Pickup Items

  • 2010-01-07 (Thu)
  • Item
先日帰郷の為に新幹線に乗る機会があって、
いつもは東京駅でチケットを飛び込みで購入しているのですが、
今回は、正月も重なっていたので3日前に窓口にいって予約を入れました。
しかし残念ながら全席満席でした、オンラインで予約するシステムもあるのですが
座席があいまいで、何号車の何列目の窓側を細かい指定が出来ません

JRが発行するJR東海エクスプレス・カードがあれば全ての希望はオンラインで
可能ですが、自分の場合、カードを多く持つのは好みではないので
たまにしか乗らないJRのカードは必要ありません
しかし、新幹線の出張が多い方は便利じゃないでしょうか。

10109.jpg
RizardHead Hard Shell Bag

マテリアルはベビーカーフ、かっちりした作りとA4サイズが綺麗に入る大きめのサイズ
デザインのモチィーフはモーターサイクルのサドルバッグのイメージで
シンプルですがRock&MotorCycleを忘れない大人のビジネスモデルとして仕上げました

Sivata

Pickup Items

  • 2010-01-06 (Wed)
  • Item
Hart Of fire

The Doorsという70年代のRockBnadが結構好きで、
ファクトリーで深夜、作品を制作する時にたまに流しています
ボーカリストは若くしてドラッグのオーバードーズであの世にいってますが
彼の作品は30年以上経っても新鮮で斬新で聞く度に新しい発見があります

有名な曲ではコッポラ監督の映画「地獄の黙示録」に使用されている「THE END」
アメリカ軍のヘリ、アパッチナとジャングルを焼き尽くすパームの炎
自分が思うにこの映画を超えるベトナム戦争モチィーフは無いんじゃないと、
かなりメジャーな映画なのでご覧になっているとは思いますが、まだな方は是非

10106.jpg
Wallet Draw The Wild Red/Lizard Lace-f  Motif HartFrea

Light My Fire by The Doors
http://www.thedoors.com/

Sivata

Pickup Items

  • 2010-01-05 (Tue)
  • Item
生まれた所が西の人間のせいか、四季の中で嫌いな季節は冬です
ウインタースポーツもやった事が無く、そんな環境も無かったので
この季節たまに見るTVで雪のゲレンデを見ても別世界の出来事に見えます
しかし、豪雪地帯の雪で壁が出来ている道路はバイクで走ってみたい欲望に駆られますが、
乗ってるマシンからして不可能、成せば成るのでしょうが今の装備だと多分死にます。

バイクは車と違って暖かいヒーターも無く雨も風も防げません
環境の変化に人間が頭を使ってどう対応し楽しく乗れるかが重要になってきます
某バイク雑誌の冬装備マニュアルを見て、ウエアを買い込んでも
実走行となると、マシンに跨った時のポジションで風が入ってきたり雨がしみたり
完璧だけれども異常に疲れたりと思いもよらない事も起こります

そういった環境を乗り越えてブッ飛ばせるのは経験しかなく
自分のマシンで何回冬を越したか、自分なりのやり方を何回こなせたかになります。
数百万のバイクを飾っているよりも、今までどれだけ走ってきたか、
どんな環境で自分がめげるのか、どんな環境でマシンが辛そうなのか
それを知るにはマシンのトリップメーターだけが知っていると思います。
今思うと去年のMotorRide R-Tでの冷夏の北海道は、これまで旅をした中で
天候は殆ど雨でかってない環境で最低でしたがRideは最高でした。
今年はリベンジと考えています。最高だったのに、リベンジ、意味不明ですね。

10105.jpg
WatchBraceletTyape2 BlackPython
カスタマー様からのオーダーでIronCrossのスタッズでデコレイトしました

時計を眺めても春はまだ遠そうです。

Sivata

Home > Item

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top