Home > MotorCycle > PanHead Bros

PanHead Bros

静かに制作を進めているアトリエに爆音が響き渡る
2機の爆撃機が通過したみたいだ

で、やってきましたPanHead Bros

rhb09092303.jpg
1台目はParasiteセイゴ氏のPan
このロングフォークでカスタムも半端無い
多分古いカウンタック1台は買えちゃうんじゃないかと…
rhb09092301.jpg
49PANの8本リブにヘッドはカスタムサイクル、キャブはS&Sにワンオフ加工のエアクリ
キックペダルは凶悪の一言で、ケッチン食らいたくもありません。背徳の美学だねこれは。。

さらに今回初めてお会いしたツトム氏のPanHead、
レザーで生業をたてている同士
rhb09092302.jpg
一見さらっと見れば純正に近いストリップチョッパー が、、
このPANは羊の皮を被った狼
rhb09092304.jpg
まずはモーターは52年の8本リブ、でもってキャブFCRファンネルのみ、
そしてオイルラインの取り回しが半分アウトサイドオイラーに
話を聞くと排気量は1440ccオリジナルのPANが1200ccなので240ccもボアアップ
チューンは全てサンダンス…ハーレーのレースメーカーが全て手掛けている
ちょっと一緒に走ってゼロヨンっぽく競争してみたけど
セカンドギア入れた時点で5mは引き離されていた…
かといって自分のPANが遅いわけではなくカムや吸排気もいじっているので
旧車にしてはそこそこ早いほうなんだけれどこのPANは別格、

そんな訳で仕事の話0.5をセイゴ氏と済ませ9.5はバイク談義

ライディングにはいい季節になってきた

Sivata

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://rizardhead.blog35.fc2.com/tb.php/177-7524b42b
Listed below are links to weblogs that reference
PanHead Bros from RizardHead as Diary

Home > MotorCycle > PanHead Bros

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top