Home > Item > Six Head

Six Head

Six Head

クロコダイル科に属するクラウンを呼ぶ
RizardHeadが扱っているSix Headクラウンのクロコダイルは主に2種類
ナイルクロコダイル、シャムクロコダイル、イレギュラーでメキシコ等がある

Nile Crocodile

ナイルとはナイル川を表す、ナイル川に生息するが全てでは無い
かって古代エジプトではSebekという名の神として崇められ神殿まで作られた
恐怖の対象であり、信仰の一部になっていた
クラウンの突起は高くないがフラットな落ち着いた配列が特徴

Nile Six Head The God of Leather
hbmccroccustom.jpg
MotorCycle HipBag FullCrocodile 
hbmccroccustom2.jpg
ライナーも全てクロコダイルのフルカスタム、制作した自分もため息が出る

wadrscrohd.jpg
DrowTheWild HandDye カスタマーの方からのフルオーダー
Black x Red の強烈なインパクト、手染めによる染色

Siam Crocodile

インドネシア、タイ等東南アジアに生息する
過去の乱獲により現在も1級絶滅危惧種のクロコダイル、希少性も高まってきている

1級絶滅危惧種とは

過去(将来)の10年間もしくは3世代(ワニの場合100年ほどになる)の間に
80%以上の減少が確認された(予想される)もの。
生息域の分布域が100平方km以下、もしくは生息地が10平方km以下のもの。
繁殖可能な成熟個体数が250頭以下のもの  と、なっている
ヒンドゥ教では水の神Kunbiraとして伝えられ、その信仰は日本にも影響を与えている
クラウンは鋭角で微妙にカーブを描くのが特徴

Siam Six Head
watemshamcroc.jpg
カスタマーの方からSiamのクラウンをご希望でのフルオーダー、
あえてSiam Six Headという拘りに対して答えた作品


アイテムで使用するレザーはワシントン条約に基づき正規ルートでのレザーしか使用しない
アウトサイド物でいくら安価でもスジを通せない物をカスタマーの方に提供はしたくない

クロコダイルは種類によって表情が違う、その個々の個性的な美しさは
制作する者にとって非常に楽しい、その反面1針もミス出来ない緊張感が伴う
しかし、なによりも、カスタマーの方が自分を信頼して頂き、
高額なクロコダイルやカイマンといったレザーを使用してのオファーや
フルカスタムの仕事が出来る事喜びの感謝は絶えない、ありがとうございます


ゴールデンウイークに出掛けられる方で、まだ遊ぶコースが決まっていない方は
ワニ園を覗くのも良いかも、パイソンもいるしリザードも…伊豆に行くならバナナワニを是非

Sivata

Comments:2

なお URL 2009-05-01 (金) 17:55

black*red最高ですよ!
広げて眺めながら一杯引っ掛ける時もあります!笑
ワニ園気になりますね~。
我が家にはシャムクロコ(剥製)が居ます...

take-shi URL 2009-05-01 (金) 21:19

Sivataさんのレザー解説は物凄くタメになります!
自分の知らない世界なので、読んでいて楽しいです♪

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://rizardhead.blog35.fc2.com/tb.php/52-54013843
Listed below are links to weblogs that reference
Six Head from RizardHead as Diary

Home > Item > Six Head

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top