Home > Item > Finish

Finish

レザーアイテムには決まってどんなアイテムでもサイドの仕上げが存在する
1番分かりやすいのはWallet、どのような工程で仕上げられているか理解出来る

RizardHeadでは基本的に4種類のFinish(仕上げ)が存在する
 *Polish-Finish
 *Dress-Finish
 *Ball-Finish
 *Lace-Finish

この名称は自分が考えたRizardHeadだけの表記法で、別メーカーには対応していない
一般にコバ磨き、へり返し、レースかがり、等だけど、使いたくは無い
自分のスタイルがあるからこそ自分の名称で、ということで表記は独自の名としている

Dress-Finish
tem2nthdpythdfinish.jpg
Tears Butt Midium Wallet2 Dress-Finish
フィニッシュが変わるとTearsの印象もかなり変わってくる
カスタマーの方からの、あえて、のオーダー、センスいい、良いセンスには仕事で答えたい、
telinerdress.jpg
ライナー部分 メインマテリアルを返してソーイングした仕様、これがDress-Finish
エキゾチックのDressは特にスキニング(革を薄くする)技術が要求される
なぜならエキゾのマテリアル自体にウロコや段差が存在する為
その為ファクトリーでは2台のスキニングマシンをマテリアルによって使い分けている

smoliner1.jpg
サイドの部分にメインマテリアルのItalianLeatherが返されソーイングしている
一般的に薄いビジネス用の財布等に見かける、薄ければ意外と収まりは良いが
RizardHeadの考え方は違って
サイドのレザーはヘビーユースを考えて通常の2倍の厚さをとっている

bebkpyth.jpg
Beltも同様にパイソンはサイドまでしっかり包まれる仕様になっている

Dress仕様はマテリアルによって可能なものとクロコのボーンバット等不可能な物もあるので
マテリアルチョイスは販売店かRizardHeadまでご相談下さい

レザーの見方として色々なメーカーの種類を扱っているセレクトに行き
仕上げを手に取って見るのも楽しみの1つにするのも良いかと思います

Sivata

Comments:1

雅仁 URL 2009-05-27 (水) 23:53

Sivataさん、はじめまして。

自分のウォレットの写真が載っているのが嬉しくてコメントしました。
この度は最高にカッコイイウォレットを作って頂きありがとうございました。
本当に大満足してます。

今度カードケースを注文しようと思っているのでまたその時も宜しくお願いします。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://rizardhead.blog35.fc2.com/tb.php/79-034a595e
Listed below are links to weblogs that reference
Finish from RizardHead as Diary

Home > Item > Finish

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top